いつも、誰に向けてでもなく、わがままな自己の気持ちをただ吐露するだけのブログで記事を書いてきた。

誰のためでもなく自分のために、すなわち読まれるための文章ではなく、ただのマスターベーションとして文章を書いてきた。

 

最近はそれが氾濫して、それをよしとする感じがあるところも正直あると思う。

 

わがままな、甘ったれた、子供じみた自分の主張。

 

恥ずかしくなってくるが、そうしなければ処理できない自分の気持ちもあるので、嫌ならば見ないで、のスタンスでご容赦いただきたい。

 

たしかに誰かに読まれることも多少は考えている。それはインターネットの海に投げ込んだ全世界に公開されたブログだから。決して資源ごみとなるしかないチラシの裏や、鍵付きの誰にも読まれることなく燃やされるノートに書いているわけではないから。

 

最近noteも使っている。noteはなんのために使っているのかというと、自分のツイッターhttps://twitter.com/___mmmxr_)の下書きがたまりすぎてそれをマガジンとしてまとめている。

 

これも実に甘ったれた文章で嫌なのだが、こうしなければパンクしていた、としか言いようがない。

 

多少読まれる可能性があるからこそ、気持ちを相対的に言葉にすることが出来る。

だれになんと言われようと、鼻で笑われようと、こうしなければ保つことが難しかったから、開きなおっておきたい。

 

これを偶然みた、知り合いたちには赤面するしかないが、それも覚悟してはいる。

 

プライドだらけで、つまらん自己主張ばかり、わがままばかり、いいところなんて一つもないんじゃないか(そんなことはないよ)の繰り返し。

結局(そんなことはないよ)がほしいんじゃないか、といわれても仕方がない。

 

いまは鍛錬の時期だと思って。やっと鉄が熱いと思って、打たれるだけ打たれたい。

 

あれ、何を言いたかったんだ。こういうところに、真理はあるんじゃないか。

https://note.mu/mmmxr

namly