整理週間

 

 

テストがひと段落した、全然終わっていないけど、辛いところはおわった。

 

なんだかこの1週間でいろいろあった。ここ最近で一番忙しくてつらくてしんどい期間だった。

 

睡眠は人生においてなによりも大事だと実感。

家族が来ていたりしていたが、それにも気をとられず、連絡がきていても無理して返さなくなった。なんだかいままでバカ真面目に自分なりに人と向き合ってきたのと、バカ真面目が普通だったので気の抜き方なんてその方向ではわからなかったのだが、簡単だった。そしてそれがすごく楽で、相手との距離の取り方や、気持ちの整理の付け方がわかってきたり、毒素が抜けた。

冷静に判断したら、わたしの気持ちは変化したし、相手も変化したりしなかったり。

 

なんだかむかつくことだったり気持ち悪く感じてしまうこともあったけど、結果的に適度な息抜きは大事なんだと思い知らされる。

 

この休日はゆっくりと息抜きをした。休日に母と妹が東京に来て、最悪な状態の家を掃除してくれたり、買い物をしてくれたり、実家で作ってきてくれた食料を持ってきてくれたり。何より家に人がいることはひとりがいくら好きとはいえ、帰ろうという気持ちになった。

 

土曜日には研究会が終わってから深夜寄席へ。初めての寄席は昔ながらのエンターテイメントとして考えなければならないことが沢山ある。

 

終わった後、飲み屋で終電までのむ。

わたしと関わって何かをしようと持ちかけてくれるひとはみんなやさしいし、尊重してくれる人がおおい。

昨年から色々新たなことをしてきたが、今年も早々に新たなことを始めます。

 

日曜は能と文学の話を聞く。頼まれたことをしながら片耳で聞いていたが、興味深い話が多かった。

そして、気になっていた本を偶然見つけることができたので、結構気持ちもほころんだ。

 

そして今日(正確には昨日)。

結論からいうと、今日は本当は図書館で調べもの作業をしたかったのに、思いのほか雪が降って週末休んだ分ギリギリの予定が狂ったのだ。

休もうとしたが、友人からの連絡で結局学校に向かうが、学校についたときにその後の授業は休校、PC室も図書館もあと30分で閉館してしまうこととなり、絶望。

カフェでコーヒーを飲み(そういえば、ブラックコーヒーが飲めるようになった!調子に乗って、沢山のんだ。)、少し話をしながら、春休みの予定を決めたりこれからの作戦を練ったり。

帰宅困難な状態の渋谷駅から最寄り駅まで、壮絶かと思いきや、意外とすんなり。

 

帰宅して、お風呂に入り、整理がついたことによってわかった微妙な気持ちにさいなまれ、全てを忘れる気持ちで映画をみる。

今日みたものはトレインスポッティング。前々から自分の中で課題映画ではあった(義務感とかではなく、自分の中で出会わなきゃいけない気がするもの)のだが、期待値が高すぎたかな…と思いつつ、いっても始まりかたや中間で一番最初のシーンを回収することによって時間軸を解消すること、正義が一つもないけど少し良心があるところ、女の子がかなり可愛くて魅力的なのにそこがすべてでは終わらない(未熟で自分の事しか考えられない主人公を十二分に描き出していると思う)ところ、いいところが沢山あった。

 

映像や音楽のセンスはこれまで沢山言われてきた通り素晴らしかった。音楽は場面に合わせすぎ無いところが逆に音楽がBGMとなりきらないというか存在感を大きくしている要因であるとおもう。

 

さて、ここまで深夜ではあるし、明日は早く家を出たいのになぜか全く眠くない、なにか腑に落ち切らない、足りない気持ちを解消する答えがわかって来た。

本を読もう。なるべくあたたかくして本を読む。

 

おやすみなさい。

 

namlyman